紫色の夢の跡

日々考えたことや本の感想などを、地に足がつかないまま 書き綴ります。

「世界に一つだけの花」に隠れた真の意味

♪ナンバー1にならなくてもいい。もともと特別なオンリー1♪

わずと知れたSMAPの名曲「世界に一つだけの花」は、花をモチーフに個性の大切さを説いている。

ころが雑草や樹木も含むリアルな植物の世界は、ナンバー1かつオンリー1でなければ生き残れない。今目にする植物はすべて、環境に合わせて進化を続け、他の植物との競争に勝ったナンバー1かつオンリー1の存在である。実は「世界に一つだけの花」の歌詞は非常に正確で、野生ではなく「花屋の店先」の花と限定しているのである。

はシビアな植物の世界。例えば、サボテンがわざわざ砂漠に生えるのにも理由がある。サボテンは、乾燥や暑さには強いが、他の植物との縄張り争いにはめっぽう弱い。他の植物が好む水分豊富な土地では、生存競争が激しい。サボテンは自分が苦手な縄張り争いを避け、他の植物が生えない乾燥地帯を選んだわけだ。貴重な水分が蒸発しないよう、葉を閉じてトゲに変化させ、トゲの先端で空気中の湿気を集めている(だからトゲがなくなると枯れちゃうの)。

分の苦手分野で勝負したら、ナンバー1になれるわけがない。植物は自分の強みを知っており、自分の土俵でナンバー1かつオンリー1を目指す合理主義者である。ぜひ見習いたい。

 


にほんブログ村

植物はなぜ動かないのか: 弱くて強い植物のはなし (ちくまプリマー新書)

植物はなぜ動かないのか: 弱くて強い植物のはなし (ちくまプリマー新書)

 

 

 

本当の自分は、どこにもいない。それでいいのだ!

ードプレイスをご存知だろうか。

自宅と職場以外に、居心地がいいと思える3つ目の場所を持つと、人生が豊かになるという考え方である。

つい最近、職場では無口で目立たない先輩が、ギターの弾き語りをしていたと知り驚いた(ユーチューブ見たら超上手い)。

 

は、職場での寡黙な先輩とギターの弾き語りをしている先輩、どちらが本当の先輩だろうか。

「そりゃギターの弾き語りをしている方が本当の姿だ。職場で素の自分は出せないよ」という声が聞こえてくる。しかし、たまたまギターの話をする機会がなければ、私にとっての先輩は「無口で目立たない人」であり続けた。その人がどういう人なのかを決めるのは、他人の評価による部分が大きく、「本当の自分」の定義は曖昧だ。

 

「本当の自分」の曖昧さを逆手に取って、人生を思う存分楽しんだ男がいる。ある時はホテルのボーイ、ある時は遊学中の侯爵。本人は自分が世の中に複数存在すると考えて面白がっている。人生でなすべきことは何か、自分らしさとは何かなどと悩むこともない。子どもの途方もない夢のように、自分の楽しみだけに邁進した彼の生き方に憧れる。

 


にほんブログ村

詐欺師フェーリクス・クルルの告白〈上〉 (光文社古典新訳文庫)

詐欺師フェーリクス・クルルの告白〈上〉 (光文社古典新訳文庫)

 

 

 

詐欺師フェーリクス・クルルの告白(下) (光文社古典新訳文庫)

詐欺師フェーリクス・クルルの告白(下) (光文社古典新訳文庫)

 

 

 

絵画の展覧会をもっと楽しみたい方へ

今週のお題「プレゼントしたい本」

西洋美術史入門 (ちくまプリマー新書)

西洋美術史入門 (ちくまプリマー新書)

 

 

 絵画は感性で見るものだろうか。その絵が好きか、嫌いか。きれい、独創的だなど、自分の好みで絵画を判断するのも、一つの鑑賞方法であることは間違いない。でもそれって…

なんだ、印象だけじゃないか。

                               byルイ・ルロワ(19世紀の批評家)

はい、お察しのとおり、モネの「印象、日の出」を見て、ルイ・ルロワさんが発した悪口である。これが「印象派」という言葉の由来となった。

ルイ・ルロワさんが仰るように、印象派が登場する前の絵画は、制作者、鑑賞者の双方に予備知識が必要だった(オランダの風景画は例外)。なぜなら識字率が低かった当時のヨーロッパ社会において、絵画はキリスト教の教えを民衆に広める手段だったからだ。聖書やギリシア神話を知らなければ、宗教画は似たような人物や場面ばかりの退屈なものになってしまう。

そこで、私はこう思った。

 

高い入場料払って展覧会に行ったのに、なんとなく絵を見た気になるだけではもったいない!

 

ルネサンスバロックの絵画は、知識があれば100倍楽しめる。例えばキリスト教の聖人であれば、キャプションを見なくても、一緒に描かれている物や動物で誰なのかが分かる。下地となる逸話を知っていれば、絵の前でひとりニヤニヤできる。

そうは言っても、そんなこと分かってるけど、西洋絵画の世界は広い。「広すぎてどこから取りつけばいいのか分からない」という人も多いのではないだろうか。この本は、西洋絵画に親しみたい人の道しるべになってくれる。


にほんブログ村

ホットヨガ(LAVA)の体験レッスンに行ってきた

ホットヨガを始めようと思ったきっかけは、

このままだと、おばさんの見た目をしたおじさんになってしまう!

…という危機感である。もともとインドア派+スポーツ苦手なのに加え、今はデスクワークが基本なので、毎日同じ姿勢でパソコンに向かい続けている。

どう考えても運動不足。肩、ガッチガチ。

 今はいいとしても、このまま年を取ると筋力がなくなり、日常生活に支障をきたすかもしれない。

そういうわけで、スタジオが職場と家の近くにあったLAVA(http://www.yoga-lava.com/)の体験レッスンに行ってみた。

LAVA入会にあたっての注意事項

まず、これからLAVAに通ってみたいと思っている人向けに、いくつか注意事項を書いておく。

  • 体験レッスンは、入会をほぼ決めた状態で行くこと。

→体験レッスン当日に入会登録すると、登録料は2000円で済む。しかし「ちょっと考えたい」と思って後日入会にすると、登録料は1万円近くに跳ね上がる。

  • 「〈10/31までの期間限定プライス〉月額2870円」は、入会から3か月間のみ。

→この仕組みがちょっとややこしくて、入会1,2か月目は会費無料、3か月目は会費9300円に設定されている。つまり、3か月目の会費9300円を3で割った数字が2870円(税込3100円)なのだ。4か月目以降は、プログラムの通常料金となる。

  • ヨガマットは持参。バスタオルの無料貸し出しはなくなった。

   ※体験レッスン時はどちらも貸してくれる。

→これまでは、バスタオルを無料で貸し出していて、それをヨガマット代わりに使う人も多かったらしい。「ヨガマットを毎度持ち運ぶのは面倒」という人は、スタジオにキープしておくこともできる。ただしロッカー代として毎月1100円かかる。ちなみにレンタルすると1回370円、LAVAで購入すると4000円前後也。

  • 使えるヨガマットのサイズは145×61㎝。

→ヨガマットのサイズが決まっており、規格外のマットは使用不可。スタジオの面積の問題だろうが、一般的なサイズより小さいため、LAVAで購入するか、切るか、折るかしないといけない。

個人的に分かりにくいと感じた点はこれくらい。あとは公式ホームページを見ればなんとかなりそう(丸投げ)。

ホットヨガの感想

思ったよりしんどかった。60分のプログラムでカバみたいに(?)汗をかいた。

ヨガウェアの代わりに、LOWRYS FARMの薄い半袖シャツとユニクロの「エアリズム アンクルパンツ」を着用。筋肉ついて引き締まってきたら、タンクトップにもチャレンジしたい。

最初はラジオ体操のような動きが多く、「これで本当に運動になるのか」と疑問だった。ところがどっこい、屈伸運動が始まったあたりから、だんだん体がついていかなくなる。初心者向けのゆるいコースにもかかわらず。

でも、終わった時には体を動かした実感があったし、楽しかった。これから週1くらいのペースで続けていきたい。

映画『キング・オブ・エジプト』感想

小学生の頃、「大人になったら行きたい国No.1」はエジプトだった。アメンホテプとかアンケセナーメンとか名前がイカす。

この映画は王座をめぐるエジプト神話を題材にしており、父親を殺されたホルスが、犯人である叔父・セトと戦い、最終的に王座を勝ち取るまでを描いている。

 

そんな訳で期待はどんどん膨らみ、

太陽!黄金!クレオパトラの鼻がもう少し低ければ!!

ーぐらいのテンションで観始めたのだ。

冒頭、ピラミッドや砂漠に立ち並ぶ市にワクワクしたし、エジプト神話の神々が登場したところまではよかった。ところが、王座をめぐって天空の神・ホルスと砂漠の神・セトが争い始めたところで、あれ、となった。

獣身の神々が、なんだかメタリック‼︎(イヤー)

確かに古代エジプトは黄金の文明だけど、あのRPGっぽいメタル感は違うと思う…。それからますますRPG感が増していき、 観終わった感想は、

これじゃない。

…だった。決して駄作ではないと思うが、私が求めていた内容ではなかった。

 

以下、印象に残っている点。

【おまけ】

古代エジプトの絵画は、人物の顔が横を向いている。でもよく見ると、胴体は正面を、足の甲は横を向いており、「その体勢つらくない?」と聞きたくなる。これは対象物の特徴が最も表れる角度から描いたためだそうな。

映画『スーサイド・スクワッド』感想

9月10日に公開された映画『スーサイド・スクワッド』を観た。

観賞中は楽しかったが、ノリとキャラで押しきった印象が強い。はっきり言って、設定も心理描写も大雑把。細かいところを気にせず、頭を空っぽにして観ることをおすすめする。

 

よかったところ

  • ハーレイ・クインがかわいかった(みんな言ってるが)。単なるお色気要員じゃなく、エンチャントレスとの戦いでは機転が利く一面も見せてくれる。“プリンちゃん”ことジョーカーが死んだと思った時の、無防備な悲しい表情は、普段とのギャップに胸をつかれた。…あれ?改めて考えてみると、あんまり狂人じゃないな。
  • 最初はバラバラだった悪党たちが、最後は仲間として一緒に戦う流れは、王道だけどやっぱり熱い。
  • 曲がゴージャスだった。クイーンの「Bohemian Rhapsody」やスウィートの「The Ballroom Blitz」など、名曲が盛りだくさん。映画観てなくてもサントラだけで楽しめそう。

 

ツッコミどころ

  • 「ハチャメチャな悪党」の描き方が中途半端だった。映画の3分の1くらいをキャラの説明に費やしているが、2時間10分の尺でメインキャラ9人の個性を描き切るのは無理なのかもしれない。そのせいで心情の掘り下げ方が浅く、エル・ディアブロのトラウマやフラッグ大佐とジューン博士の葛藤にいまいち共感できなかった。
  • エンチャントレスが世界観になじんでいない。最新の科学兵器vs古代魔術のバトルはありだと思う。けれど、エンチャントレスの封印が解かれるくだりがあっさりし過ぎているというか、古代の魔女は現代でも存在していたと見る人に納得させる描写が皆無なのはマズい。ぶっ飛んだ世界観だとしても、その世界観にリアリティを持たせるための説明は必要だ。

 

そんなに映画館に通うわけじゃないのに、友人に連れられて公開初日に観たおかげで、映画通になった気分である。しかしその友人、何度訂正しても「シーサイド・スクワット」と言うので困った。砂浜でスクワットはなかなかキツいと思う…。

最後にひとこと。

エンディングテーマが流れたからといって、席を立たなくてよかった。

 

公式サイトはこちらからどうぞ⬇︎

http://wwws.warnerbros.co.jp/suicidesquad/sp/

 

 

「趣味は読書です」の価値を高めたい

「趣味はなんですか」って、お見合いみたいな質問だけど、意外と聞かれることが多い。

初対面の時、趣味の話題を取っかかりにして相手との距離を縮めようとするのは、コミュニケーションの常套手段だ。

さて、そこで何と答えるか。

「趣味はギターです」

→音楽好きなんですね。いつからやってるんですか?

「趣味はサーフィンです」

→かっこいいですね。あれって、どのくらいでマスターできるんですか?

「趣味は読書です」

→へえ。…。

 読書と答えたが最後、会話が途切れるこのさみしさ。なぜだ。

思いついた原因を書いてみる。

  1. 本に興味がなければ、話の掘り下げようがない。
  2. ジャンルや作家の数が多すぎるため、好みがぴったり合う可能性が低く、好きな作品名の言い合いで終わる。
  3. 無趣味の人が、とりあえず趣味として挙げていたとしたら、あんまり突っ込んでしどろもどろになったら気の毒だ。
  4. ひとりが好きなんだな。そっとしておこう…。

私の場合、本当に本が好きなんだと伝えたいあまり、マイナーな作品名を羅列して遠い世界に行ってしまう。下手をすれば、「教養あるでしょ」と暗に自慢するやなやつである。

 

「趣味は読書です」って答えて、きらきら輝く憧れのまなざしを向けられたいものだ。